イスラエルのランジェリー会社がFacebookの『poke』を使ったプロモーションを実施

On 2013/01/11 by masato

pokeプロモーション

Facebookのメッセージアプリ『poke』。日本ではあまり馴染みがないみたいですが、それを活用したプロモーションをイスラエルにあるランジェリー販売会社が実施したそうですよ。

Facebook Poke App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: 無料

 
 

『poke』とは、「つっつく」という意味の英単語。挨拶のような堅苦しいものではなく、指先でちょんちょんと相手をつっつくようなニュアンスで使われます。

pokeアプリは、数秒で消えるメッセージや写真、動画などを送れるもので、イスラエルにあるランジェリー販売会社がファンに対してこれを活用したキャンペーンを行ったそうです。

以下の動画は、実際に届いたものです。

タイツを履いている女性が少し開いたドアの向こう側に見え、その後、覗かれていることに気が付き無情にもドアは閉まられてしまいます。そして動画の最後に「1度の特別セール」と書かれたチラシが映し出されるといった内容です。

この動画はpokeの特性上、届くと一度しか見れないためファンは気になって仕方ありません(女性とチラシのどちらが気になるのかは置いといて)。これはとても面白い活用法だと思いました。ランジェリー販売会社のプロモーションなので男性のファンはそれほどいないと思いますが、もしこれが届いたらドキッとしますよね(笑)

今後、このFacebookの「poke」がどのように使われていくのか注目したいと思います。

それではまたノシ

参考:世界初!?FacebookのメッセージアプリPokeを使ったプロモーション「Delta Lingerie – The First Facebook Poke Campaign」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です