携帯電話のGPSデータをもとに再現した「東日本大震災当日」首都圏の人の流動アニメーションがスゴい!

On 2013/01/10 by masato

まずは上の動画をご覧ください。

これは「東京大学空間情報科学研究セン­ターと共同研究を行っている(株)ゼンリンデータコムの「混雑統計(R)」データを用いて、携帯電話のGPSデータをもとに、2011年3月11日の東日本大震災時の人の流動を再現したものだそうです。

地震前には都心部へ向かう人の動きがよく分かります。それが、地震発生直後に流れが一気に止まり、ほんと動かなくなる様子から大規模な地震だったことを窺い知ることができます。

今後、首都圏で電車などの交通網が麻痺した時の状況を想定して、どのような行動をとるのか改めて考えておく必要がありそうです。会社、家族、友人など、お互いにどのように安否確認をとるのか決めておきましょう。

いつも心の準備を忘れずに!

それではまたノシ

かならず帰る App
カテゴリ: ナビゲーション
価格: 無料(価格は掲載時のものです)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です