リネン地と牛革を使ったAcru(アクリュ)の手作りカメラバッグ『ミニボノ―リネン(ブルー)』をチェック!

On 2015/02/22 by masato

Acru カメラバッグ

カメラを買ったらストラップ、そしてバッグが欲しくなる。

ということで今回は、Acruで買ったショルダーカメラバッグ『ミニボノ(リネン)』を紹介する。同じデザインの『ミニボノ』とどっちを買おうか迷ったが、デザイン的にリネンを選択した。ちなみに価格はリネンのほうがちょっとだけ安い。

ショルダーカメラバッグ 「ミニボノ」-リネン-

さっそく外観をチェックしていこう。バッグの正面は、記事冒頭にある画像がそれだ。

なお今回紹介している「ブルー」のほか、「ベージュ」「カーキ」「ブラック」の4色があり、現在ある入荷分で販売終了とのこと。

Acru カメラバッグ

本体には“リネン(麻)地”を使用し、革とはまた違った柔らかさが感じられる素材で、使うほどに布らしい味わいが出てくるとのこと。

Acru カメラバッグ

アクリュオリジナルの金具。こちらも使うほどに深みのある表情に変化する。

Acru カメラバッグ

本体の左側。こちらにはタグが付いており、日本の手仕事の証として「HAND WORK IN JAPAN」の刻印がされている。また、別途、打刻印を希望すればこの下に入れてもらうことが可能だ。

Acru カメラバッグ

本体の右側。

Acru カメラバッグ

こちらは側面。

Acru カメラバッグ

付属品のクッションパーテーション。低反発のクッションが中に入っており、ここにも革素材を使用している。バッグを購入するとひとつ付属するが、別途、追加購入することもできる。

Acru カメラバッグ

Acru カメラバッグ

開けるとこんな感じ。画像からは少し分かりづらいが、中は予想以上に大容量。

Acru カメラバッグ

長財布やiPadもスッポリ入ってしまうのが個人的にはグッド。普段使いにも利用できそうだ。

Acru カメラバッグ

パーテーションを付けるとこんな感じ。ひとつじゃ足りないので、もうひとつ追加注文することにした。

Acru カメラバッグ

バッグの入り口サイドにあるレザーパーツ。蓋を閉めると自然に折りたたまれ、埃や小雨などを防ぐことができる。

Acru カメラバッグ

Acru カメラバッグ

ショルダーストラップは太さが5センチほどあるため、バッグの重さを軽減してくれる。また、クッション部分を覆う革には撥水性のある馬革を使用しており、汗染みの心配がない。

Acru カメラバッグ

こちらは底面。しっかりした芯材を使っているので、バッグを安定して使用することができる。

ミニボノは値段がやや張る製品だが保証できる品質だと評判なので、これから使うのがとても楽しみだ。さらにアクリュでは、カメラバッグのほかにストラップや手帳カバー、キーケースなども作っているので、ぜひチェックしてみてほしい。

それではまた。

レザーのカメラストラップ・カメラバッグ - Acruオンラインショップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です