スワイプ操作で気持よくメール管理できるiPhoneアプリ『Mailbox』をざっくり使ってみた

On 2013/02/27 by masato

Mailbox_01

ようやくMailboxアプリの順番がきたので、さっそくアカウント登録してざっくり使ってみましたよー。

参考:スワイプ1つでメールを未来に送れるMailbox

Mailboxは、受信箱を常に空にして余計なものを表示させないことを主体とした、ちょっと面白いGmail用クライアントアプリです。巷では、「革新的なアプリだ!」とか賑わってたので、僕も今月の上旬に登録をしていました。現在も利用には先着順として登録が必要で、昨日の時点で僕のうしろには80万人弱の人が待っている状態。

このアプリへの期待の高さが伺えますね。これはマジですごい…

Mailbox App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料

 
 
※価格は執筆時のものです。

Mailbox_02 Mailbox_03

最近、順番待ちの数字の減りが早いように感じていて、思っていたよりあっという間でした。

アプリを起動すると、上記のように「Welcome to Mailbox」とメッセージが表示されるので、自分のGmailアカウントを入力してログインします。アカウントは複数登録できます。

 

Mailboxを使ってみよう!

Mailbox_04 Mailbox_05
アカウント登録するとMailboxアプリのチュートリアルが出てくるので、ここで簡単に使い方を確認しておきましょう。もうこの時点で可愛さがにじみ出てますね(≧∇≦)/

 

スワイプで簡単にメール管理ができる!

Mailbox_06 Mailbox_07
基本的にこのアプリの操作としては、

  • 右に短くスワイプ → アーカイブ
  • 右に長くスワイプ → 削除
  • 左に短くスワイプ → 先送り(LATER)
  • 左に長くスワイプ → リスト登録

といったように、とてもシンプルに使うことができるようになっています。それぞれ格納されたボックスは、画面上部にアイコンで表示されているので、メールを開いた状態からでもいつでも移動して確認することができます。

 

先送り(LATER)機能がおもしろい!

Mailbox_08 Mailbox_09
このアプリの特徴として、メールを先送りにしてあとで再度通知してくれるちょっと変わった機能があります。これは、「今日のうち」「今晩」「明日」「今週末」「来週」「今月中」「いつか」など、さまざまな時間帯にメールを再度通知してくれるよう設定することができるので、今対応しなくてもいいものにこれらを設定するといった使い方になると思われます。

例えば、お母さんがお父さんに対して「仕事の帰りに牛乳買ってきて!」とお昼頃にメールを送ったとします。ですが、実際に牛乳を買うのは昼ではなく仕事帰りの夜になるはずです。その仕事帰りの時間まで覚えていれば問題ありませんが、もしもお母さんからメールを受け取った時間帯が忙しい時で、お父さんが読んだあとすぐにメールを閉じてしまった場合はおそらく帰って怒られるまで頼まれたことすら忘れているでしょう(笑)

そんなことにならないために、メールを受け取って読んだらすぐに左へスワイプして再度通知してくれる時間帯(今晩)を選択しておきましょう。そうすれば、メールがもう一度表示されるので忘れずに牛乳を買って帰れること間違いなしですwそのほかにも「Pick Date」を選択すれば、時間指定も可能です。

このように、ざっくりした時間帯から正確な時間まで再通知の設定ができるようになっているので、うまく使いこなせばかなり役に立つ機能になるかもしれませんね。

iTunes Store(Japan)

Mailbox_11
Mailboxで確認できるメニュー等は、画面左上のボタンをタップすると表示されます。ここから受信箱やリスト、アーカイブ、ゴミ箱などのボックスを見ることができます。

アカウントの切り替えもここで行うようになっています。

 

プッシュ通知も使えます!

Mailbox_10
はじめは遅いかなと思ったのですが、落ち着いたのか現在は通常に機能していますね。

でもやっぱりちょっと不安定かも…

 

Gmailのラベル機能をフル活用している方にはオススメできません

残念ながら、MailboxではGmailのラベル機能には対応していません。

Gmailではこのラベル機能を使うことでメールの管理が劇的にしやすくなります。特にネットショッピングやウェブサービスなど、あらゆるアカウント登録の際にGmailを使い、それぞれから届くメールアドレスにラベルを適用させておくと、あとで見た時でもどこからのメールなのか分かりやすくなるといったメリットがあります。さらに、フィルタ登録をあわせて使うことで、メール内容を確認したい時に埋もれた受信箱の中からわざわざスクロールして探す必要がありません。

Mailboxではこの便利な機能が省かれています。なぜでしょうか。僕にもわかりません(笑)

あくまでアーカイブして受信箱から消し去り、空の状態で使うといったシンプルなものになっているので、細かくメールに種別を付けたい方は戸惑うかもしれません。このアプリを使う上ではシンプルかつ簡単で機能も少なく、そういったGmailのラベル機能などをフル活用してメール管理をしてきた人向けというより、メールを受け取る・返信するというような単純な使い方をしてきた人に使ってもらう方が理に適っていると言えるでしょう。

 

「Mailbox」僕は使っていこうと思う!

僕は普段、iPhoneでのメールアプリは「Sparrow」を使っていて、そこでGmailやキャリアメールを一括で管理しています。正直、このSparrowを今後使い続けても全然問題はありません。強いて言うならプッシュ通知に対応していないところが不満ではありますが、その他の使いやすさやデザインなどには満足しています。

Sparrow App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥250

 
 
※価格は執筆時のものです。

それでもこの「Mailbox」には、なんか使ってみたくなるようなデザインと操作性があるので、今後しばらくはSparrowと併用していこうと考えています。アーカイブや既読情報も含め、Mailboxで行った操作はきちんとGmail側にも反映されており、実用レベルで使えるアプリとなっています。

スワイプひとつでアーカイブや削除などの操作を簡単にできちゃうこの発想は、ホント凄いし素敵だと思います。この記事を書きながらいろいろ触っていたのですが、書き始めと今とでだいぶ愛着度が変わりましたよ(笑)このアプリでは、一括操作とかそういう手の抜いたことはできないので、メールの一つ一つに手間をかけることになります。

その手間にも楽しさを感じることができるアプリだと僕は思うので、少しでも気になった方は使ってみることをオススメします。「メールって面倒だなぁ。」なんて日頃感じているのであれば、もしかしたらその気持ちが少し変わるかもしれませんよ(笑)

現在はGmailのみ対応とのことで、その他のサービス対応も含めて今後に期待したいと思います。

それではまたノシ

Mailbox App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料

 
 
※価格は執筆時のものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です