世界初『コカ・コーラ』が自動販売機向けAR(拡張現実)アプリを導入へ

コカコーラ

マイナビニュースによると、日本コカ・コーラは4月頃より自動販売機と連動したスマートフォン向けAR(拡張現実)アプリの導入を発表したと伝えています。

現在、そのデモ映像をYouTubeで公開しています。

スマートフォンをかざし画面に映ったコカ・コーラのキャラクターを指で触ると、笑ったりくしゃみをしたりと、本来動くはずのない絵が可愛らしくアニメーション化されています。そして、自動販売機の「コカ・コーラZERO」にカメラをかざすと、テレビCM「ZERO LIMIT篇」が再生される仕組みになっており、最近少しずつこのようなAR技術を活用したプロモーションを見かけるようになってきました。

個人的には、もう少し面白い広がりがあればいいかなと思っているんですけど…その場で完結しちゃうのは勿体無い気がします。

本格的に導入される4月以降、これらのAR技術を使ってどのように展開していくのか、コカ・コーラの今後に注目していきたいと思います。

それではまたノシ

[コカ・コーラ]

This Post Has 0 Comments

Leave A Reply