若者の熱意はすごい!「Edu×Tech Fes2013 U-18 〜驚異のプレゼンテーション、天才中高生、共奏〜」イベントにお邪魔してきた

Edu×Tech Fes2013 U-18

本日、「Edu×Tech Fes2013 U-18 〜驚異のプレゼンテーション、天才中高生、共奏〜」と題して、都内のApple Store銀座とサイバーエージェント本社にてイベントが行われ、普段、ITを活用して多方面で活躍されているスーパー中高生7名をお招きし、「テクノロジー」と「教育」をテーマに自ら行なっている活動や体験を交えて熱く語っていただきました。

実は、今回のようなイベントに参加するのは僕自身初めてだったんです(笑)というのも、こういうイベントに参加する資格が自分には持ち合わせてないじゃないかと…勝手に壁を作ってしまっていたのです。募集を見かけても特に気に留めることはありませんでした。

最近、スマートフォンやタブレットを使うようになってからいろいろとテクノロジーに関するニュースなどを見る機会が増え、タイミング良くちょうどこのイベント募集を見かけたので、一歩踏み出し応募して参加してみることにしました。予定では、お昼ごろから銀座のApple Storeで一度きりの開催でしたが、予想を超える応募に全員参加が難しくなったそうで、遅めの応募者には同日に2回目の開催として、急遽、渋谷のサイバーエージェント本社にて行うことになりました。

僕は2回目の渋谷会場でしたが、案の定、入るビルを間違えてちょっと焦りましたw

 

若者の熱意がすごい!

スピーカーは全員10代の中高生。いい意味で普通の若者でホッとしました(笑)ただ、熱意や行動力はズバ抜けていてこちらまで熱くなりましたよwどの方も「自分でやってみよう」という意識が強く、それにまわりの人もついてきてくれてるんだなと感じました。

ちょっと話の内容的に驚いたのが、女子中学生エンジニアである角南萌さんのアメリカでの学生生活についての話。よくアメリカのテクノロジーは日本の数年先を行ってると聞きますが、角南さんの小学校では各生徒にパソコン(Mac)が配布され、授業はもちろんのこと宿題などでもクラウドを普通に活用して行われており、先生への相談もネットを通じてやりとりしていたと聞き、そこまでIT活用が進んでいたのかとカルチャーショックを覚えました。当時、友だちとのあいだでMacを使って映像を作るのが流行っていたそうで、Facebookもすでに使っていたことから、小さい頃からITに触れる環境の違いが日本とは比べものにならないほどで驚くばかりです。

きちんとネットを利用する上でのルールが整備されていて、利用する生徒が自分で学びながらリテラシーを高めていっている点も素晴らしいなと思いました。日本では、危険なものに関しては「臭いものに蓋をする」ことが多々行われるので、本来のIT活用において力を発揮することが難しい状況です。危険なものから守るのは悪いことではありませんが、結局は、「経験」からでしか身につかないと思うので僕はあまり好きじゃありませんね。

今の日本の教育現場のことは正直わかりませんが、各生徒にパソコンなんて配布してるんですかね?授業で少し触ることはあっても、とうてい「活用」と言えるほどのことはしていないんだろうなと想像はできますが(笑)しかし、ここまで違いがあるとは…子供たちの将来が不安で仕方ない…

角南さんは、確か親の転勤かなにかでアメリカに行くことになったそうですが、これは完全に彼女にとってはターニングポイントであり良かった事だと思います。現在は心理学にも興味があるそうで、今後もぜひ活躍していってほしいですね。応援しています。

 

「行動力」と「パッション」を持て!

今回イベントに参加してみて、「行動力」と「パッション(熱意)」を持つことが非常に重要なんだなと強く感じました。

どんなに素晴らしいアイディアがあったとしても、それを誰かに伝えなければ何の意味もありません。伝えるには「行動力」が必要です。とにかく一歩踏み出し行動することが大事なんだと思います。そして、そのアイディアを伝え、先にすすめるためにはパッション(情熱)が必要です。パッションがなければ相手には何も伝わらないでしょう。

 

好きなことを見つけ、続けよう!

最後の質問コーナーで、将来の夢や目標について聞かれたことに対し、どの方も口を揃えて「自分の好きなことを楽しく続けていきたい」と答えていて、たぶん質問した側すると期待したほどのことでもなくて拍子抜けしていたかと思います(笑)でも僕は、まさにその答えに納得しています。極論かもしれませんが、人生は一度きりだしそれなら自分の好きなことをして楽しく生きていきたいと思うのが当然だと思うからです。これは綺麗事ではなく、今の時代にはとても重要なことだと僕は考えています。むしろ、答えとしては単純明快ではないでしょうか(笑)

好きなことを見つけ、それを続けていけばきっと夢は叶う。好きなことがなければ、まずはいろんな事をやってみてそれが「好き」だと思えることに出会えるまで探し続ければいい。とにかく「行動力」と「パッション」があればなんとかなる。そう僕は信じていますw

以上、今回のイベントで思ったことを書き綴ってみました。

またこんなイベントがあったら行きたいな〜

今回お話くださったスーパー中高生が作成したiPhoneアプリを載せておきますので、ぜひダウンロードしてみてください。

それではまたノシ

見えるプレゼンタイマー App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料(価格は掲載時のものです)


Edu×Tech Fes2013 U-18

This Post Has 0 Comments

Leave A Reply