まもなく発表される『BlackBerry Z10』と『iPhone 5』の比較動画が公開される

On 2013/01/22 by masato

BlackBerry_1

今月の30日に、Research In Motion(RIM)から「BlackBerry 10」対応の新端末が発表される予定ですが、一足先にドイツのサイトTelekom-Presse「BlackBerry Z10」と「iPhone 5」の比較動画を公開しています。

それが以下の動画です。

RIMは以前のインタビューで、今月末に2機種を発表し2013年には最低でも6機種を投入すると答えており、安価なものから高価なものまで幅広くラインナップを揃える予定だそうです。

公開された動画では、まず「BlackBerry Z10」と「iPhone 5」の見た目の違いを説明しており、Z10のスクリーンサイズは4.2インチとiPhone 5(4インチ)よりもわずかに大きいものの、2つを重ねるとだいぶ大きさに違いがあることがわかります。それでも厚みはほとんど変わらないように見え、ブラック基調でスタイリッシュな仕上がりになっています。

 

Z10のボイスコントロールは正確

BlackBerry_2

その後、Z10のボイスコントロールを使ってiPhone 5のSeriと同時にSMSメッセージを作成・送信を試しており、とても正確でスピーディーに動作しています。

BlackBerry_3

メッセージが届くと、Z10ではLEDライトが点滅して通知されます。

確認方法もよりシームレスになっており、画面上をスワイプアップし、そのまま右へスワイプすると届いたメッセージが表示されます。画像からも分かる通り、Z10ではTwitterやFacebookなどのメッセージも同じ画面上に一覧表示させて確認できるようになっています。不要なメッセージがあればそこからすぐに削除することも可能。

 

マルチタスク機能はiPhone 5よりも使いやすいかも

BlackBerry_4

iPhone 5の場合、マルチタスク機能はホームボタンを2度押すことで起動しますが、Z10では画面をスワイプアップするだけで起動することができ、ビジュアルも画面いっぱいに表示されるので見やすく感じました。アプリ間の切り替えもスムーズです。

 

ドロワー画面のスクロールにも拘っている

BlackBerry_5

Z10では、アプリが並ぶドロワー画面のスクロールにも拘っていて、画面の切り替え時の中間あたりにエフェクトが加えられているのが確認できます。だから何だと言われればそれまでですが(笑)これも新しいZ10の特徴ではないでしょうか。

 

BlackBerry 10「Z10」は買いなのか?

今月末の出てくるであろう「Z10」のスペックは、Redmond Pieによると、画面サイズは4.2インチHDMIとUSBの接続があり、1.5GHzのデュアルコアプロセッサを搭載。そして2GBのメモリと8メガピクセルカメラが期待されるとのことで、比較動画の様子からもかなり面白いと僕は感じました。明らかに今までのBlackBerryとは違い生まれ変わっているのが明らかで、RIMの本気っぷりが伝わって来ました。

これが日本で販売されるかは不明ですが、僕は応援していきたいと思いますw

それではまたノシ

[Redmond Pie]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です