【#iPhone5】今さらだが、au版だとスリープ時にWi-Fiが勝手にLTE(3G)通信に切り替わってしまう件について。

On 2012/11/30 by masato

iPhone511月も残り1日、今年も残り1ヶ月となりました。新年を迎える入れる準備は進んでおりますでしょうか?

さて話は変わりますが、発売当初からの現象として、au版のiPhone5でWi-Fi設定をオンにしたままスリープ状態になると、Wi-Fi設定がLTE(3G)に切り替わる現象が起きているのはご存知でしたでしょうか?なぜか同現象に関する記事がほかで見当たらないのですが、ほとんど気にならないってことなんですかね。僕は大いに困っているのですが…(汗)

おそらく省電力のためのものだと思うのですが、勝手にLTE(3G)に切り替わってしまうので、バックグラウンド通信が働くために、わずかですが通信量が増加してしまいます。なにより、iTunesを立ち上げた時にデバイスがWi-Fiになっていないので認識しません。僕はiTunesでバックアップをとっているので、毎回iPhone5のロックを解除しWi-Fiに戻してからバックアップをとるという手間をとらされています。これはかなり厄介です。

すこし前になりますが、この問題に関してauサポートへ問い合わせてみました。

Wi-Fiをオンに設定し、スリープから復帰した場合に3GまたはLTEとなる事象につきましては、auのiPhone5の仕様と存じます。

しかしながら、アプリなどにて、Wi-Fi通信利用中にスリープになった場合は、Wi-Fi通信は維持されると存じます。

大変恐縮ではございますが、上記以外にてWi-Fiを維持する方法などはございません。

現時点においての根本的な解決方法はないみたいです。これは困った…

今後もバックアップ時には、iPhone5のロックを解除してWi-Fiに戻す必要がありそうです。

SoftBankはこんな問題ないみたいだし、キャリアアップデートで解決してほしいものです。

以上、ご参考までに。それではまたノン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です