【#iPhoneアプリ】再編集:メモリを一発解放でiPhoneがサクサク動く!

SYS Activity Manager

※過去に別ブログで書いた記事を再編集しております。

メモリ解放アプリは様々ありますが、個人的にはこれを長いこと愛用しております。

「SYS Activity Manager」

Twitter、Facebook、メール、ブラウザなどアプリを複数立ち上げるとすぐにメモリ不足に陥るiPhone。

基本的には、「ホームボタン2度押し」→「アイコン長押し」で各アプリを閉じればメモリは回復します。ですが、毎回それをやっていては面倒だしイライラしますよね。でもやらなければ、次に立ち上げるアプリの起動が不安定になったり、iPhone自体の操作も遅くなってしまいます。

ガジェット好きな方であればその辺の事情は存じていると思いますが、うちの父親がまさにそうであるように普段から使っていても知らない人がほとんどではないでしょうか。故障?と勘違いしてしまいます。

そんな方にも知っていただきたいこのアプリ。メモリ解放アプリをぜひ使っていただきたいです。

 

SYS Activity ManagerSYS Activity Manager

使い方はとても簡単!アプリを立ち上げて、下のタブが「メモリ」になっていることを確認したら矢印が差すマークをタッチ!

数秒待つだけでメモリがどんどん解放されていきます。

画像でもわかるように、解放前「42MB」→解放後「275MB」にまで増えています。ゲージでも確認ができるので一目瞭然。

これでiPhoneがサクサク動くようになります。

 

SYS Activity ManagerSYS Activity Manager

起動中のアプリやiPhoneの空き容量の確認もできちゃいます。

 

SYS Activity Manager

残りのバッテリーで、それぞれの使用方法でどれだけ使えるかの目安まで表示してくれます。

SYS Activity Manager – メモリ, プロセス, ディスク, バッテリとネットワーク App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥100

 
 

ちなみにこれはユニバーサルアプリで、iPhoneやiPod touchはもちろん、iPadにも対応しているので一つあるだけでかなり重宝すると思いますよ。ぜひお試しあれ!

それではまたノン

 

This Post Has 0 Comments

Leave A Reply