ドコモ版「Apple Watch Nike+」ピュアプラチナNikeスポーツループ

10月3日にドコモオンラインショップにて「Apple Watch Nike+」を予約してからようやく届いたので、外観レビューをお届けする。

Apple Watch Nike+スペースグレイアルミニウムケースとブラック/ピュアプラチナNikeスポーツループ 42mm

ドコモ Apple Watch Nike+

2017年発売のSeries 3モデルからLTEに対応したことで通信キャリアとの契約が必要になったが、現在はどのキャリアでもキャンペーン期間として無料で使える。ちなみに今回購入したのはドコモ版で、2018年3月31日まで月額使用料500円が無料となる。

ドコモ Apple Watch Nike+

ピュアプラチナNikeスポーツループは、その名の通りNikeモデル限定となるバンドであるため、通常モデルのApple Watchはもちろん、バンド単体で購入することもできない。同じNikeモデルのApple Watchでもスポーツバンドなら在庫があったが、このピュアプラチナNikeスポーツループだけ品薄だったので届くまで時間がかかってしまった。

ピュアプラチナNikeスポーツループ

そしてスポーツループ付属のApple Watchを購入した場合、四角の化粧箱に入って届けられる。これはバンド部分がひとつなぎになっているためだ。

ピュアプラチナNikeスポーツループ

スペースグレイアルミニウムケース、Nikeスポーツループ、1m磁気充電ケーブル、5W USB電源アダプタが同梱する。

ドコモ Apple Watch Nike+

セルラー版の特徴としてデジタルクラウンが赤くなっている。初披露されたときはあまり好きになれなかったものの、見慣れると気にならなくなった。

ドコモ Apple Watch Nike+

ドコモ Apple Watch Nike+

Series 2(左)とSeries 3(右)の比較。どちらもNike+

LTEに対応しても見た目はSeries 2とほぼ変わらない。

ドコモ Apple Watch Nike+

ドコモ Apple Watch Nike+

一度もスポーツループを試着せずに購入したので、正直どんな肌触りなのか不安があった。ナイロン素材で柔らかく、耐久性も高いようで安心だ。

ドコモ Apple Watch Nike+

バンドの裏側は面ファスナー式になっていて、手首の太さにあわせて細かく調節できる。

ドコモ Apple Watch Nike+

ドコモ Apple Watch Nike+

ドコモ Apple Watch Nike+

実際に装着するとこんな感じ。しっかりと手首にフィットしムズムズ感もない。スポーツ向きではあるが、普段使いとしても重宝しそうだ。

ドコモ Apple Watch Nike+

すでにSeries 2を持っていたので今年は見送るつもりだったが、ドコモのdポイントを使って購入できることがわかったので、貯まっていたポイントとSeries 2を売却するお金で買うことにした。これなら出費をおさえて最新モデルが使える。

さて、来週11月3日はいよいよ「iPhone X」の発売日。幸運にもこの日は祝日なので自宅でゆっくり試すことができそう。本当にワクワクしている!

それではまた!

This Post Has 0 Comments

Leave A Reply