【Apple Pay】楽天カードの設定方法、Suicaに登録するには

Apple Pay 楽天カード

「Apple Pay」は使っているだろうか?

僕はすっかり生活するうえで欠かすことのできないツールとなっており、コンビニやスーパー、飲食店など毎日必ずどこかで利用している。

Apple Payに対応するサービスが日々増えていて、自分も使ってみようかなと導入を検討している人も多いのではないだろうか。

そこで今回は、利用者の多い「楽天カード」について、Apple Payへの登録方法、Suicaへ楽天カードを登録する方法について解説したい。

Apple Payに楽天カードを登録・認証する方法

Apple Payに楽天カードを登録・認証するには、「楽天カードアプリ」を利用する。また、以下の登録手順で「Wallet」にも自動的に楽天カードが追加される。

Apple Pay 楽天カード

  1. 「楽天カードアプリ」を起動し、「楽天カードアプリ規約」を読んだあとに問題がなければ「同意」をタップする。
  2. 「ログイン」ボタンをタップしてから「楽天ユーザID」「パスワード」を入力し、さらに「ログイン」をタップする。
  3. ログイン後に画面下の「その他」タブをタップし、「Apple Payをはじめる」をタップする。
  4. 「Apple(ロゴマーク)Pay設定」をタップする。
  5. 「認証キー送信」画面で「ワンタイムパスワードを送信する」をタップする。
  6. 自分宛てにワンタイムパスワードが届くので、これを「認証キー入力」画面で入力してから「認証する」をタップする。
  7. 「セキュリティコード入力」画面で、クレジットカード裏面にある数字3桁(セキュリティコード)を入力し「登録する」をタップする。
  8. iPhoneまたはApple WatchどちらかのApple Payを選択する。
  9. 「カードを追加」画面で画面右上の「次へ」をタップする。
  10. 「利用条件」を読み、問題がなければ「同意する」をタップする。
  11. 「カードの追加」画面で「次へ」をタップし、さらに「完了」をタップして進む。
  12. 「カード認証」画面になるので、ここでは「SMS」または「楽天カードに発信」を選択して認証コードを確認する。
  13. 認証コードを確認後、「カード認証」画面で入力する。

これでApple Payに楽天カードが登録され、「Wallet」アプリからもカード情報を確認することができる。

楽天カードをApple PayのSuicaに登録する方法

「Suica」アプリから楽天カードを「登録クレジットカード」として割り当てることが可能。ただし、Suicaの残高が一定額を下回った場合に自動的にチャージできる機能「オートチャージ」に関しては、JR東日本が発行しているクレジットカード「ビューカード」を利用する必要があり、楽天カードでは「チャージのみ」となるためオートチャージ機能は利用できない。

Apple Pay 楽天カード Suica

楽天カードをApple PayのSuicaに登録する方法は以下のとおり。

  1. 「Suica」アプリを起動し、楽天カードを登録したいSuicaを一覧から選択する。
  2. 画面下にある「チケット購入・Suica管理」ボタンをタップする。
  3. 「チケット購入・Suica管理」画面で、「登録クレジットカード情報変更」をタップする。
  4. 「カード番号」「カード有効期限」を入力し、「次へ」をタップする。

あとは画面の指示に沿って進むと登録完了だ。なお、楽天カードを使ってSuicaにチャージする方法は以下のとおり。

  1. 「Wallet」アプリを起動し、チャージしたいSuicaを選択する。
  2. 画面右下にある「i」マークをタップする。
  3. 「チャージ」をタップしてチャージ金額を入力する。
  4. 金額を入力したら画面右上の「チャージ」をタップする。
  5. 決済に利用するクレジットカードを選択し、セキュリティ認証を行なう。

また、「Suica」アプリからでもチャージ可能で、この場合は「入金(チャージ)」をタップしたあとに金額を選択し、「クレジットカード」をタップすれば楽天カードでチャージすることができる。

楽天カードをQUICPayに登録する方法

楽天カードをApple Payに登録することで、QUICPay加盟店で利用できるようになる。登録できるクレジットカードは「JCB」と「MasterCard」だ。なお、先にご紹介した「Apple Payに楽天カードを登録・認証する方法」を行なうと、自動的にQUICPayとして利用できるようになる。

Apple Pay 楽天カード QUICPay

ここでは、「Wallet」アプリから楽天カードを登録する方法について解説する。

  1. 「Wallet」アプリを起動し、画面右上にある「+」ボタンをタップする。
  2. 次の画面にさらに「次へ」をタップする。
  3. 「カードの種類」画面では、「クレジット/プリペイドカード」を選択する。
  4. カメラが起動するので、白い枠にあわせて楽天カードを読み込む。
  5. 読み込みに成功すると自動で「名義」と「カード番号」が入力されるので、間違いがなければ「次へ」をタップする。
  6. 「有効期限」と「セキュリティコード」を入力して「次へ」をタップする。
  7. 「利用条件」を読み、問題なければ「同意する」をタップする。
  8. 登録が完了すると「QUICPay」のロゴマークが表示されるので、さらに「次へ」をタップする
  9. 「カード認証」画面で「SMS」または「楽天カードに発信」をタップし、さらに「次へ」をタップする。今回は「SMS」を選択。
  10. クレジットカードを登録している携帯電話にメールが届くので、そこで認証コードを確認する。
  11. 届いた「認証コード」を入力し「次へ」をタップする。

アクティベートが完了すると完了となり、QUICPayが利用できるようになる。QUICPay加盟店で支払い時に「クイックペイで支払います」と伝えれば利用可能だ。現金は著しく生産性が低いので、ぜひApple Payを使ってほしい。

それではまた!

■関連サイト

This Post Has 0 Comments

Leave A Reply