入荷1ヵ月半待ちアップル「AirPods」、iPhoneユーザー以外にもおすすめのワイヤレスイヤフォン

AirPods

アップルは12月19日よりワイヤレスイヤフォン「AirPods」の店頭販売を開始した。当初予定していた10月下旬から約2ヵ月遅れでの販売となった。執筆時点では出荷「6週」となっており、アップルのオンラインストアや全国の直営店をはじめ、家電量販店などでも予約・購入できる。

AirPodsは左右が完全独立したモデルで、専用に設計されたW1チップ搭載により1回の充電で5時間(充電ケース利用で24時間以上)利用できるのが特徴だ。実際に開封してiPhoneとペアリング設定してみたところ、あっという間に完了した。イヤフォンが入っている充電ケースを開けるとiPhoneが自動で認識、あとは画面に表示される「接続」をタップするだけでペアリング完了するのだから手順に困ることはない。

ということで、届いたAirPodsのフォトレビューをお届けする。

AirPods

AirPods

パッケージはとにかく小さくてシンプル。カラーはホワイトのみだが、ブラックモデルもあったらさらに人気が出るのではないだろうか。iPhoneやiPad、最近ではMacBookですらカラバリを増やしているのだから、イヤフォンもカラーを増やしても良いと思うのだがどうなんだろ。

AirPods

AirPods

イヤフォン本体のほか、マニュアルと充電用Lightningケーブル、そして充電ケースが付属している。ちなみにケーブルはiPhoneやiPadに付属しているものを利用することも可能だ。

AirPods

AirPods

こちらは充電ケース。なんという可愛らしいデザイン。

AirPods

本体下部にLightningケーブルを挿して電源に繋ぐとケース自体を充電でき、イヤフォンを充電するときはこのケースに収納する仕組み。つまりAirPodsはワイヤレス充電だということ。

AirPods

AirPods

ケース内部はマグネット式になっているようで、イヤフォンを収納する際は吸い付くようにケースに挿入されるため、逆さまにしても落ちることはない。なかなか考えられた仕様だ。

AirPods

このようにイヤフォンの本体左右は完全独立したタイプになっている。使い終わったらすぐケースに収納しないと無くしそう…。

AirPods

AirPods

AirPodsでは、ダブルタップしてSiriを起動させて電話をかけたり音楽を再生したりできる。いろいろ試してみたのだが、Siriの起動にはややコツが要るようでなかなかうまく使えず、iPhoneのロックが解除されていないと起動しなかったため、個人的にはあまり必要のない機能だと感じた。

AirPods

AirPodsの先端はマイクになっていて、声を拾ってSiriを操作できるという。

AirPods

AirPods

EarPodsとの比較。大きさはほぼ同じだ。

アップルらしさの“ワクワク”を感じる製品


AirPodsにはアップルらしいワクワク感を感じた。ただ本体左右を独立させただけでなく、充電ケース込みでひとつの製品として考えられていることに感動した。もしこの充電ケースがなければ別途、ケースを買う必要がありバッテリー時間も24時間以上を実現することもなかっただろう。

iPhoneのほかiPadやMacBookでも簡単に切り替えて利用できるうえ、Androidスマホ、Windows PCでもペアリングして使うことが可能だ。iPhoneユーザー以外の人にもおすすめなのでぜひチェックしてみてほしい。

それではまた!

This Post Has 0 Comments

Leave A Reply