【#防災アイテム】いざという時のためにSONY『手回し充電・非常用ラジオ』を購入

ご存知のとおり日本ではたくさんの地震が起こります。

地震に限らず台風や洪水、大雪など多くの自然災害と向きあわなければいけません。個人的にはそれなりに防災意識を持っているつもりで、iPhoneには通信できない状況でも方向を指し示して自宅や会社まで行くことができるアプリを入れたりするなど、少しでも対策をおこなっています。

かならず帰る App
カテゴリ: ナビゲーション
価格: 無料(価格は掲載時のものです)


今回は、以前に購入していた非常用ラジオのご紹介です。

 

SONY「手回し充電・非常用ラジオ」

sony手回しラジオ

万が一の時に備えて、SONYから発売された「手回し充電・非常用ラジオ ICF-B03」を購入。充電機能やライト、ラジオなど非常時に役に立つアイテムとなっています。

手のひらに楽々乗せられるコンパクトなサイズです。

 

SONYラジオ SONYラジオ

本体のほかには、キャリングポーチ、プラグ付コード、充電プラグアダプター(au,docomo,Softbank,スマホ用)、ホイッスル、ハンドストラップ、取扱説明書、保証書、対応機種一覧表が付属していました。

 

SONYラジオ SONYラジオ

本体サイズは、幅130mm、高さ77mm、奥行き52mm、重さ約285gとなっています。

ハンディカムサイズといったところでしょうか。

 

SONYラジオ

単4電池を2本入れることができ、「充電池(手回し)」と「乾電池」を切り替えて使えるハイブリッド仕様です。単3のエネループならたくさん持っているのですが、単4はないのでこの機会に2本揃えましたw

 

SONYラジオ

SONYラジオ SONYラジオ

本体には2種類のLEDライトがあり、頭部にある「ソフトライト」で周囲を照らし、正面のスポットライトで懐中電灯として状況に合わせて使い分けることができるようになっています。他にも正面にはイヤホン端子と携帯充電端子の2つが付いています。

後ろにはラジオの周波数調整ダイヤルと電源、FM/AM切り替え、音量調整があり、実際にラジオを聞いてみたところかなり感度が良いなという印象でした。アンテナもあるので問題なく災害情報を聞くことができそうです。

 

SONYラジオ SONYラジオ

SONYラジオ SONYラジオ

非常時にとても重要な”手回し機能”。実際に回して充電をしてみると、これが意外としんどい(汗)

ちなみに手回し充電を1分間回した場合、FM(約40分)、AM(約60分)、ライト(約15分)それぞれ使用できるそうです。結構いけますね!長時間使用するには、それなりの手回し時間が必要になりますので、少しでも電気を作り出す実感を味わうことができます(笑)

 

SONYラジオ

ラジオ周波数を忘れちゃいそうなので、複数のチャンネルをiPhoneのメモアプリに残しましたw

 

SONYラジオ

SONYラジオ SONYラジオ

これを使わなくて済むことを祈りますが、やはり何があるか分からないので防災グッズの一つとして準備しておくことを強くオススメします。自分の身は自分で守る。その覚悟が必要だと思います。

それではまたノシ

※タイトルおよび内容の一部を変更しております。

 

This Post Has 0 Comments

Leave A Reply