iPhone 6sにiOS 10パブリックベータをインストールできない疑惑

iOS 10 パブリックベータ

Apple公式サイト

日本時間の7月8日、いよいよiOS 10のパブリックベータの配布がはじまった。専用ページから登録・参加できるので僕もさっそく試してみることに。

パブリックベータは、一般の人でも自分のiOS端末にインストールして自由に試すことができるもので、この秋の正式リリースを前にいち早く触ることが可能だ。ただし、まだ開発途中のソフトであるため、普段使っているアプリが動かなくなることが大いにありえるので必ずデータのバックアップを事前に取ることを推奨したい。

iOS 10パブリックベータがエラーでインストールできない!?

配布がはじまった当日、iPhone 6sに手順通りまず公式サイトからパブリックベータのプロファイルをダウンロードし、そのあとにiPhoneのソフトウェアアップデートからiOS 10をダウンロードしたのだが、最後の段階でエラーになり先にすすめない不具合が起きた。

iOS 10 パブリックベータ

サーバーが混雑している影響なのかと思ったが、何度もダウンロードを試してみたもののすべて同じ段階でエラーが起きる。なにをどうやってもダメだった。

iPhone 6sにはインストールできない!?

ほかにも同じ症状でインストールできない人がいるのではないかと、Twitterで検索してみると…

まだ情報が少ないので断定はできないが、iPad AirやiPad Pro(9.7インチ版は自分の端末で確認済)、iPhone 5などではパブリックベータのインストールは問題なくできているようで、エラーが起きているのはどうやらiPhone 6sが怪しいように思う。あくまで推測だが。

エラーが起きている以上はインストールしたくてもできない。パブリックベータ2の配信を待つか、もしくはアップルがなにかしらの対応をしてくるのを待つしかなさそうだ。

それではまた!

■関連サイト
iOS 10

This Post Has 0 Comments

Leave A Reply