アップル、平成28年熊本地震にともないApp Store「防災関連アプリ」特集を公開

App Store「防災関連アプリ」

いつやってくるかわからない災害に備えよう。

4月14日21時26分、熊本県熊本地方においてマグニチュード6.5で最大震度7を観測した「平成28年熊本地震」。そして16日未明にはさらに強い揺れとなる震度6強を観測し、これが一連の地震の“本震”だと気象庁が発表した。

また阿蘇山で小規模噴火が起きているとの情報もあり、まだまだ余談を許さない状況だ。

App Store「防災関連アプリ」を公開

アップルは今回の地震を受けてApp Storeに「防災関連アプリ」特集を公開した。

ここでは、SNSなどのコミュニケーションアプリをはじめ、地震関連の最新情報をチェックできるニュースアプリや防災情報アプリ、地図/交通、さらには全国のAEDマップが見られるアプリなども紹介されている。

このほかドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアは現在、無料でWi-Fiスポットを利用できるサービスを展開しており、スマホのWi-Fi設定画面から「00000JAPAN」を選択すれば利用可能だ。また安否確認については、各社が提供する「災害用伝言板」(ドコモauソフトバンク)などとあわせて活用してほしい。

■関連サイト
アップル

This Post Has 0 Comments

Leave A Reply