iPad Proもフル充電できる大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore 20100」

Anker PowerCore 20100

バッテリー残量を気にしなくても良くなる時代は来るのだろうか……そしてモバイルバッテリーはどこまで大容量になるのだろうか?

ちょっと前まで10000mAhでも十分だと思っていたが、今では26000mAhを超えるものもあり、そのうちモバイルバッテリーで生活できちゃうんじゃないというくらい大容量になっている。

ということで、Ankerのモバイルバッテリー「PowerCore 20100」を購入したのでチェックしていこう。価格が安くコスパに優れた製品だ。

「Anker PowerCore 20100」

Anker PowerCore 20100

購入したのはAnkerの大容量モバイルバッテリーのブラックモデル。ホワイトと2色で販売されており、容量は20100mAh。iPhone 6は7回以上、iPad miniは約2回、iPad Proもフル充電が可能とみられる。

Anker PowerCore 20100

同梱物はバッテリー本体のほか、micro-USBケーブル、ポーチなど。

Anker PowerCore 20100

ポーチはこんな感じ。厚手のメッシュで柔らかい感触。

Anker PowerCore 20100

Anker PowerCore 20100

そしてバッテリー本体。細長いタイプで持ちやすく、表面はマット仕上げで指紋が付きづらい仕様だ。

Anker PowerCore 20100

本体サイズは約166×58×22mm。

Anker PowerCore 20100

「cheero Power Plus 2」(10400mAh)と比較するとこんな感じ。重さは約356g(Anker)と290g(cheero)。Ankerは20100mAhと大容量なのにこの軽さは驚異的だ。従来の20000mAhモデルと比較しても、本体サイズや重量は約30%コンパクトになっているという。

Anker PowerCore 20100

ケースを装着したiPhone 6sよりも大きい(そりゃそうだ)。

Anker PowerCore 20100

iPad ProとiPhone 6sの同時充電も可能

Anker PowerCoreは、接続した機器を検知して電流を最適化するAnker独自の技術「PowerIQ」、ケーブル抵抗を検知して出力電流を自動調整する「VoltageBoost」を搭載したことで高速充電が可能だという。さらに2つの接続ポートからタブレット2台を同時に急速充電することも可能だ。

これひとつあれば普段はもちろん、旅行でのバッテリー切れの心配もないだろう。興味がある人はぜひチェックしてみてはいかがだろうか?

それではまた!

This Post Has 0 Comments

Leave A Reply