Apple Watchを使い始めて1週間 ファッションアイテムとして身につけるとしっくりくる

Apple Watchが発売されてから早くも1週間が経った。実際に1週間ほど身に付けて使ってみたので、良いところ、悪いところなど、感じたことを紹介しようと思う。

まずは良いところから。

1.通知が心地いい

Apple Watch

すでにあらゆるところでも言われているとおり、Apple Watchを身につけることでできる新しい体験が『通知』だ。

基本的にはiPhoneに来る通知をそのままApple Watch側で受けることができるため、特別な設定をすることなく利用できる。また、通知音とともに振動で教えてくれるので逃すこともなくなった。ポケットからiPhoneをわざわざ取り出さなくても確認できることが、これほどまでに便利だとは実際に使わなければわからなかっただろう。

そしてこの振動はなんとも心地がよく、ストレスを感じることがない。残念ながらこの感覚は実際に身に付けて体感してみないと良さがわからないので、言葉で説明してもあまり伝わらないと思い、ここでは詳しいことについては割愛させていただくw

ちなみにiPhoneを使っているときはiPhoneに通知され、スリープ時はApple Watchに通知されるので同じ通知が両方に来ることはない。このためApple Watchのバッテリーが余計に消費されることはなく、無駄なく通知を把握することができる。

2.アクティビティ・ヘルスケアで日々の活動量を追跡するのが楽しい

Apple Watch

Apple Watchを身につけるだけで、動きに応じたカロリー消費量『ムーブ』、早歩き以上の運動をした時間『エクササイズ』、立ち上がった回数『スタンド』、歩数、合計移動距離などを計測でき、iPhoneのヘルスケアと連携することも可能。これにより、日頃から健康に気を遣っている人にとって今まで以上に管理が容易になった。

過去に『Jawbone Up』や『Nike FuelBand SE』を使っていた自分としては、期待している重要な機能のひとつとなる。

Siriが使いやすい

Apple Watch

街で使うことはないと思うが、個人的にApple Watchで使うSiriは何気に重要だ。なぜなら、カップ麺をよく食べるからw 今まではiPhoneでホームボタン長押ししてSiriを起動してからタイマー設定をしていたが、Apple Watchでは腕を上げて「ヘイ、シリ。タイマー3分」と言うだけでOK。キッチンタイマーとしても活用できるのでオススメだ。

3.デザインがお洒落

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

毎日身に付けるものだからお洒落でなければ話にならない。試着したときは正直それほどお洒落だと感じていなかったが、実際に購入して手元でじっくり見てみるとまた印象が違った。

まず、高級感がすごい。Sportモデルは触っていないのでわからないが、ステンレススチールケースは光沢があり、ケースこそ丸いものの高級腕時計としても文句のないレベルだと感じた。

続いて悪いところを紹介する。

1.実用的なアプリがない

Apple Watch

これは時間の問題なのだが、現時点において生活を変えるような実用的なアプリがまだない。おそらく、Apple Watchは“確認用”としての要素が大きいため、何かをすることに重きを置いた画期的なアプリが出てくるのは今後も難しいと思われる。今のところ、アクティビティを眺めているだけかも……w

2.アプリの切り替えがめんどくさい

Apple Watch

Apple Watchでは、各アプリの内容を確認するための『グランス』を切り替えることで詳細を表示できるのだが、アプリが増えるほどにグランスを何度もスワイプして操作する必要が出てくる。1番目にあるグランスから最後のグランスまで切り替えるのはかなり面倒だ。アイコンが並んだホーム画面からタップして表示させることも可能とはいえ、これもそれほど便利とはいえない。

となると、やはりApple Watchではアプリを操作して何かをするというよりも、通知を確認することに特化したほうが理にかなっているのではないだろうか。今後、ゲームアプリが出てきたとしても一過性のもので、同じアプリが継続して売れることはないと予想できる。

ついでに番外編も紹介しておく。

バッテリーは思っていた以上にもつ

朝7:30頃から身に付けて、その日の夜12:30頃でもまだ60%も残っていたのには驚いた。最低1日もつのであれば、使っていくうえで大きな影響はないだろう。とは言っても毎日充電が必要であることに変わりはないので、朝出かける前の充電は忘れずにやっておこう。

Apple Watchが発売される前から、毎日充電が必要なデバイスなんて要らんってよく言われている。腕時計の場合、電池が数年もつのも珍しくないため、Apple Watchが1日そこらしか持続しないことに敏感に反応するのはよくわかる。ただ、それでも寝ているあいだに充電すればいいだけの話。そもそも充電する行為にそんなアレルギーを持つことに理解ができないのは自分だけなのだろうか?

バンド『ミラネーゼループ』はMacBookのパームレストを傷つける

Apple Watch

僕が購入したバンド『ミラネーゼループ』に限った話だが、MacBookでキーボードをたたいていると、ちょくちょくパームレスト部分に当ってしまうのが気になる。場合によってはMacBookに傷がついてしまうため扱いには注意が必要だ。レザー系のバンドなら問題ないだろう。

まとめ

今のところ、Apple Watchは“便利なデバイス”という位置づけよりも、“お洒落な腕時計(アクセサリー)”と見たほうがしっくりくる。つまり個人的には、あちこちで言われているような「機能」に対する賛否は問題じゃない。ある程度のことはすでに『Android Wear』でもできるみたいだからなおさらのこと。

ということで比率で言うと7:3の割合でファッション性に分があり、身に付けてもいいかなという結論になった。そのうえで、通知もできる便利なアイテムだと思うとしっくりくるわけだ。ただひとつだけ、現段階のApple Watchにおいてこの価格設定となるとまたちょっと話が変わってくるかもしれない。だが、アップルの新しいデバイスが登場したということで今回は初期投資を奮発してみた。9万円は高いぞマジで……。

いかがだっただろうか。近い将来、車や家とも繋がってくるのは間違いないので気長に見守って行こうと思う。まず『Apple Pay』を電子マネーと連携してほしいので、アップルさんお願いしますね。

それではまた!

This Post Has 0 Comments

Leave A Reply