美しすぎる『Apple Watch』42mmステンレススチールケース・ミラネーゼループを写真でチェック!

米アップルが2014年9月9日(現地時間)にウェアラブル端末『Apple Watch』を発表してから約6ヵ月が経ち、4月24日にようやく発売となった。

買おうか最後まで迷っていたが、運良く手に入れることができたので外観をレビューしようと思う。無駄にたくさん写真を撮ったので、ぜひ購入の参考にしていただけたらと。

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

買うならはじめからミラネーゼループにしようと決めていたので、今回はこちらの外観レビューをお届けする。

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

Apple Watchオリジナルモデルは、Sportモデルとは違い四角い箱に包まれてる。ちなみにEditionモデルはどんな箱なんだろうか? すごく気になる……。

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

ぱかっと。

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

『Apple Watch』のロゴが。

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

スッとフタを外して。

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

箱から取り出して。

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

横には購入したモデル名などが書かれている。

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

クリアフィルムを外して。

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

フタを開けると、中には白いプラスチックのケース。

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

プラスチックケースを箱から取り出して。

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

包まれた紙をペリペリっと剥がして。

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

Apple TV……ではなくApple Watchが入ったケースが登場。

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

そして箱の底にはクイックスタートガイドや付属品が。

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

付属品はマグネット式充電ケーブルとUSB電源アダプタ。驚いたのが、充電ケーブルが2メートルもあること。ほんとに長いw

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

マグネット式充電ケーブル。見た目はまるで“聴診器”。ふざけて「はーい、息を大きく吸ってー」なんて言ってる人が目に浮かぶw

AppleWatch_41

充電時、これをApple Watchの裏側にあるセンサー部分にピタッとくっつける。はめ込める専用のスタンドが欲しいところ。

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

それでは、Apple Watch本体を見ていこう。

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

プラスチックケースを開けると、ついにApple Watchが! キラッキラで眩しい!!

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

横から。

AppleWatch_18

後ろからはこんな感じ。気になるセンサー部分はまた後ほど。

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

また違う角度から。

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

もう少し近くで、もう一度ひとまわりして見てみようw

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

高級感が半端ない! ちなみに本体はまだフィルムがかぶっている状態。

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

横から。

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

後ろのマグネット部分。ここもフィルムがかぶっている。

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

違う角度はこんな感じ。ここまで見ていると、何の疑いもなく普通の高級腕時計に思えてくるから不思議だ。

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

続いてフィルムを剥がした状態を見ていこう。う、美しい……。

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

Apple Watchケース裏側にあるセンサー部分。なんとも未来的なデザインだ。

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

違う角度から。

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

デジタルクラウン(竜頭)とサイドボタン。デジタルクラウンは想像していた以上に滑らかに動くようになっている。

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

反対側はこんな感じ。当然ボタンはないw

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

もう一度センサー部分。充電するときはここにマグネット式充電器をピタッとくっつけて行なう。

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

そしてディスプレー正面。ここはサファイアガラスでほぼ傷がつかないほど頑丈だ。いずれiPhoneにも搭載されるはず。

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

ミラネーゼループは金属なのにとても靭やかで軽い。実際に触るとそれがよくわかる。

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

細かい網目状になっており、着けていてもまったく痛みがない。

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

先端についているマグネットはとても強力なため、Apple Watchを日常着けていても外れることはないだろう。また通常のベルトとは違い、腕のサイズにあわせて自由に調整できるので、素肌以外に洋服の上から着けることも可能だ。

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

実際に腕に着けてみるとこんな感じ。サイズを自由に調整できるので装着がとてもラクチン。

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

こちらもシンプル。

Apple Watch 42mmステンレススチールケースとミラネーゼループ

以上。

だいぶApple Watchのイメージがつかめたのではないだろうか? あとはiPhoneとのペアリングを済ませて、Apple Watchを着けた状態でしばらく生活してみようと思う。それではまた!

This Post Has 0 Comments

Leave A Reply