デジカメで撮った写真を自動でスマホやタブレットにWi-Fi転送できるSDカード『Eyefi Mobi Pro』ならその場でInstagramやTwitterに投稿できる

Eyefi mobiPRO

目黒川の満開の桜を撮影しようと思っていたが案の定、天気が悪く、しかも昨日の強風でだいぶ花びらが散ってしまったようだ。

ということで今日は大人しくブログを書くことに。今回は、デジカメで写真を撮る人にぜひ使って欲しいWi-Fi内蔵のSDメモリーカード『Eyefi Mobi Pro 32GB』について紹介する。これはRAWデータも転送できるモデルとなり、1年間のEyefiクラウドつきだ。

毎度、SDカードをPCに挿して転送するのが面倒だと思っている人には嬉しいアイテムになる。

『Eyefi Mobi Pro 32GB』

Eyefi mobiPRO

今回のモデルは、Eyefiシリーズにプロ向けとして復活したものとなり、RAWデータにも対応。個人的には以前からEyefiのSDカードには興味があったので、今回の発売をきっかけに買ってみることにした。

 

Eyefi mobiPRO

同封内容は、WiFi内蔵SDHCメモリーカードとメンバーシップカード(10桁のアクティベーションコード)、USBカードリーダー。

Eyefi mobiPRO

Eyefi mobiPRO

当然ながらSDカードの大きさはほかと一緒だが、このサイズにWi-Fiが内蔵されているのはなんだか不思議。

専用のアプリでアクティベーションコードを認証すれば、スマホとカメラをWi-Fiで同期している状態で写真を撮るとガンガン自動転送される。気になる転送速度は、普通に撮る程度ならそれほど遅延なく転送できるので普段使いとして問題なく利用できそうだ。ただ、予想していたよりもカメラのバッテリー消費が早いので、長時間の撮影には予備バッテリーがあったほうがいいかもしれない。

おっと、このSDカードを使ううえでの一番のメリットを書き忘れるところだったw それは、カメラで撮った写真をすぐにスマホからInstagramやFacebook、Twitterなどに投稿できるということ。通常なら一度、PCに転送する必要があるので、帰宅してからじゃないと投稿できなかったが、Eyefiなら撮ったその場で簡単にできるのだ。

ちょっと知識があれば、撮った写真を友達にシェアすることも簡単なので旅行などでも役に立つ。もしRAWデータを扱わないのであれば、通常モデルの安いSDカードもあるので、気になった人は下記リンクからチェックしてみてほしい。それではまた。

■関連サイト
Eyefi(アイファイ)カード – WiFi内蔵カードでカメラからワイヤレス転送 | Eye-Fi Japan

This Post Has 0 Comments

Leave A Reply