どこからでも簡単にアプリを起動できる“iOS 8ウィジェット機能”を活かすiPhoneアプリ『Launcher』

iOS8ウィジェット

iOS8に新機能として追加されたウィジェット機能はご存知だろうか? 画面上部からスルッと引き下ろして表示する“通知センター(通知領域)”にアプリを加えることで、いつでも簡単に情報を見ることができる便利な機能だ。

この通知領域に好きなアプリを追加できるアプリ『Launcher』がなかなか良かったので紹介する。

Launcher – Favorites at your Fingertips App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料(価格は掲載時のものです)


iPhone Launcher

このように、ウィジェットに対応したアプリを通知領域に追加することが可能。わざわざホーム画面からアプリを探す必要がなくなり、SNSやメール、ウェブサイトの閲覧時などいつでも通知センターを呼び出して起動することができる。すでにAndroidでは可能だったこの機能が、ようやくiPhoneにもiOS8によって実現したかたちだ。

iPhone Launcher

アプリ以外にも、誰かに電話をかけたりメッセージを送ったり、つぶやきを投稿したりといったアクションのショートカットを登録できるのがこのアプリの特徴。使い方次第でここが飛躍的に便利な場となるだろう。

正直、今まであまり通知センターを活用できていなかったが、今回のウィジェット機能への対応により毎日呼び出すことになるかもしれない。ぜひ一度試してみてはいかがだろう。それではまた。

This Post Has 0 Comments

Leave A Reply