日本語でも利用可能になった「オーケー、グーグル」は、ひと手間多いのが残念

Google Now

ようやく日本語環境のホーム画面(Google Nowランチャー)より利用が可能になった、「Ok,Google(オーケー、グーグル)」との呼びかけで一発起動できるGoogle検索機能。これによりスマホの弱点? であるテキスト入力が、音声でより簡単になり検索も楽になる……はず。

ということでさっそくGoogle検索アプリを最新版にアップデートし、「オーケー、グーグル」を連発してひと通り遊んでみた。特に英語的な発音でなくても「おーけーぐーぐる」さえ言うことができれば簡単に起動できる。

Google Now

 

「オーケー、グーグル」を利用するにはひと手間多い

この機能、てっきりホーム画面から「オーケー、グーグル」と呼びかければGoogle検索を起動できるとばかり思っていた。ところが、まずGoogle NowランチャーやGoogle検索アプリ(ウィジェット)から「Google検索」機能そのものを起動する必要があり、そのあと「オーケー、グーグル」と呼びかけることでようやく使えるようになる。

これではわざわざ呼びかける意味がない。

なぜなら、Google検索を起動するとテキスト入力エリアの横に出てくる音声検索ボタンをタップした方が早いからだ。

Google Now

正直、この程度で「オーケー、グーグル」を常用する人はいないはずで、当のGoogleもわかっているはず。その先にあるもっと何かを見据えてのことだろう。まずは、今後数カ月後にやってくる次期OS『Android L』を楽しみに待つとしよう。それではまた。

This Post Has 0 Comments

Leave A Reply