torne(トルネ)がPS4にも対応したのでnasne(ナスネ)を買ったら、ブルーレイレコーダーが不要になった件

先日、ネットワークレコーダー『nasne(ナスネ)』をPlayStation 4(PS4)で利用できるアプリ『torne PlayStation 4』の配信が開始された。本アプリは7月31日までの期間、無料でダウンロードできる。これによりPS4でテレビ番組の視聴や録画が可能になった。

nasne PS4

ちなみに僕の自宅にはブルーレイレコーダーがないので、現在までマンションの「デジアナ変換」を利用してアナログレコーダーに録画している。当然、画質はアナログなので荒い……。いずれブルーレイレコーダーを購入したいと考えていたが、待てど暮らせど安くならない。そうこうしているうちに見たいテレビ番組が減り、高い金額を出してまで欲しいとも思わなくなってしまった。今となっては、ブルーレイレコーダーに4-5万円以上も出して買う意味がわからないw

ということで4-5万円も出さずに済む解決策として、だいたい同じ機能を利用できる『nasne』を購入することにした。すでに6月5日までPS4を購入した人を対象に『nasne 2000円引きクーポン』が配られており、それを活用して購入。そして本日、手元に届いたので簡単な外観レビューとtorneを使用した感想を紹介しようと思う。
 

ネットワークレコーダー&メディアストレージ『nasne(ナスネ)』

nasne PS4

↑届いてびっくり! 想像していた以上に小さい。勝手な想像だが、てっきりPS3ほどの大きさだと思っていたので梱包から出して拍子抜けした(笑)。

nasne PS4

↑nasne本体と付属品などなど。

nasne PS4

nasne PS4

↑購入したモデルのハードディスク容量は1TB。質感はPS4とほぼ同じで指紋が付きにくい仕様だ。

nasne PS4

↑iPhone5sと比べてもこの小ささ。軽い衝撃をおぼえたほど。

nasne PS4

↑しかも薄くて軽い。重さはわずか460グラムしかない。

nasne PS4

ブルーレイレコーダーなんて買わなくていい

nasneがここまで小さいと、市場に出回っている一般のブルーレイレコーダーはなぜあんなに大きいのか不思議に思う。nasneの場合、機能が最小限だという理由もあるだろうが、これを買い足すだけで地上デジタルや衛星デジタル放送を簡単に視聴・録画できるのは魅力だ。

そしてPS4でtorneを少しだけ使用してみた感想としては、操作がサクサクで爆速。番組予約もPS4のコントローラーで簡単にできるうえ、ゲームとテレビ視聴との切り替えもサラッとできる。さらに、番組録画時にPS4を起動しておく必要はなく、nasneを必要ケーブルで繋いでおくだけでいい。すでにPS4を持っているなら(一般のブルーレイレコーダーに比べて)安い追加料金でこの便利さが手に入るとなれば買わない理由はない。もしハードディスク容量が足りなくなっても、外付けハードディスクで増設も可能だ。

現在、サッカーワールドカップ ブラジル大会が開催されているので、夜中にある見たくても見られない試合をぜひnasneで録画してはいかがだろう。しばらく寝不足が続きそう……それではまた。

This Post Has 0 Comments

Leave A Reply