『PlayStation 4』発売まであと1週間! 今注目のゲームタイトルをチェックしておこう!!

 いやー、昨日から今日にかけての大雪……いったいこの地球はどうなっているのでしょうか。一方、2014年冬季五輪の開催地であるロシア・ソチは、逆に暖冬だとかで雪が足りないそうです。場所によっては薄着でじゅうぶんらしい。

 もうなんも言えねー。どうも、@Masa_ssです。

 さて、なんだかんだでPlayStation 4の発売まであと一週間。昨年10月の予約開始からあっという間にこの日を迎えることになり、いよいよという感じだ。ちなみに北米をはじめとする海外ではすでに発売済み。

 ソニー・コンピュータエンタテインメントは1月8日、『プレイステーション 4』の2013年12月28日時点での全世界実売台数が累計420万台を超えたと発表している。

 世界の“プレステ”人気は健在のようだ。

 個人的にも初代プレステからPS2、PS3、そして今回のPS4と、すべて買うほど“プレステ”には思い入れが深い。特にPS2に関しては、予約券を肌身離さず持ち歩きニヤニヤしていたことを今でもよく覚えている(笑)

 ということで、PS4発売に向けて改めて今注目のゲームタイトルをチェックしておこう。

 

Watch Dogs

 ハッキング能力を持つ主人公“エイデン”が、アメリカのシカゴを舞台にあらゆる人物と関わりながらストーリーが繰り広げられるオープンワールドアクション。個人的に一番注目のタイトル。

 発表当初はPS4と同時発売の予定だったが、「更なるブラッシュアップが必要」とのことで2014年春に発売延期となっている。続報を待ちたい。

【送料無料】ウォッチドッグス PS4版

【送料無料】ウォッチドッグス PS4版
価格:7,497円(税込、送料込)

 

ファイナルファンタジーXV

 全世界が注目する『ファイナルファンタジー』シリーズ15番目の作品。ビデオからもわかるとおり、圧倒的な映像美ですごい迫力。

 本作品最大の注目点は“バトル”かもしれない。アクションゲームのように展開するのが特徴で、フィールドからシームレスにバトルへ移行する。途中、他のキャラクターに切り替えて戦うことも可能となっており、仲間同士での連携攻撃もできる。プレーするのがとても楽しみだ。

 残念ながら発売日は未定。こちらも続報を待ちたい。

ソニーストア

 

龍が如く 維新!

 『龍が如くシリーズ』のスピンオフ作品、宮本武蔵を描いた『龍が如く 見参!』に続く2作目。人間味あふれるストーリー仕立てで、プレーするほど入り込み没頭してしまうこと間違いなし。出演している俳優たちの演技にも注目したい。

 こちらはPS4同様、2月22日発売予定。

【送料無料】龍が如く 維新! PS4版

【送料無料】龍が如く 維新! PS4版
価格:7,309円(税込、送料込)

 

信長の野望・創造

 『信長の野望シリーズ』最新作にして30周年記念作品となる本タイトル。戦国時代の日本を美麗な3D1枚マップで再現した、お馴染み“天下統一”をめざすシミュレーションゲーム。シリーズ最多となる300以上の城が登場する。さらに、PS4の各種コミュニケーション機能である“プレー映像のライブ配信”や、“SNSへのゲーム画面投稿”にも対応。

 2月22日の発売予定。

【送料無料】信長の野望・創造 PS4版

【送料無料】信長の野望・創造 PS4版
価格:7,770円(税込、送料込)

 

Kingdom Under Fire II

 韓国BLUESIDEが開発している群集アクションRPG。いわゆる“無双”系のアクション性やRTSの戦略性も備えたゲームとなる。プレーヤーは最初に自分の分身となる「ヒーロー」を作り、戦闘時にAIで動くユニットを指揮しながら戦っていく。凄まじいバトルが圧倒的だ。

 現在、PS4向けにも開発中で5月完成を目指しているとのこと。

 

FIFA 14 ワールドクラスサッカー

 人気サッカーゲーム『FIFA』シリーズの2014年度バージョン。スタジアムの雰囲気や観衆の様子をより臨場感のある3Dグラフィックで表現。FIFA公式ゲームだということもあり、全世界33リーグ、600以上のクラブチーム、1万6000人以上の実名選手たちが登場するファンにとって見逃せないタイトルだ。

 ちなみに今年の6月、4年に一度の『FIFAワールドカップ』がブラジルで開幕する。一足先に本ゲームで大会気分を味わってみては。

 
 と、個人的に注目しているゲームタイトルを6本選出してみた。

 PS4発売まであと1週間、やりたいゲームを探してみてはいかがだろう。

 それではまた。

 

This Post Has 0 Comments

Leave A Reply