iPhone5s新機能“モーションアクティビティ”に対応したiPhoneアプリ『Pedometer++』、アイコンバッジで歩数が見える

今日まで横浜の赤レンガ倉庫で開催されている『iPhoneケース展』にでも行こうかと考えていたが、体が疲れ気味なので休養することにした……。どうも、@Masa_ssです。

iPhone5sには『M7』コプロセッサが搭載されているのは周知のとおり。このM7は、ジャイロスコープ・加速度センサー・コンパスなどを制御しデータを自動で収集する機能がある。CPUを補助してバッテリーの消費電力を抑えるとともに、人が歩いているのか、走っているのか、それとも車に乗っているのかまで判別できるそうだ。

これは『モーションアクティビティ』とよばれる機能で、データ収集時、M7に対応したアプリをバックグラウンドで動かす必要がないため、バッテリー消費の心配がないと考えられている。

iPhone5s モーションアクティビティ

モーションアクティビティに対応したアプリは、iPhone5sの設定から確認できる

 

モーションアクティビティに対応したアプリ『Pedometer++』

すでに、iPhone5sのモーションアクティビティに対応したアプリが存在する。

Pedometer++』がその一つ。歩数カウントに特化したアプリだ。

Pedometer++ App
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス
価格: 無料

 
 

Pedometer Pedometer

歩数がホーム画面上でアイコンバッジとして表示される。M7にある過去7日分のデータを保存する特性を利用するため、インストール後にアプリを起動すると、すでに“Last 7 Days”があるのがわかる。リアルタイムにはカウントされず、ある一定時間ごとに更新されるので無駄にバッテリーが消費される心配もない。

なかなか面白いアプリなので、ぜひ試してみてほしい。

それではまた。



This Post Has 0 Comments

Leave A Reply